東京で包茎手術をしたい男性の理由

男性にとって包茎は、人に言えない大きな悩みになります。
なんで自分は包茎なんだろうと思っても、解決するにはどうしたらいいか悩んでいる男性も多いでしょう。
悩む理由は、不衛生になりがちなところと、いざというときに恥ずかしい気持ちになるなどあります。
もう性交渉をする雰囲気なのに、ちょっと戸惑ってしまう事もあるのではないでしょうか?

包茎は自力では治せないので、自分の住まいでもある東京の包茎手術専門のクリニックに行くしかないのですが、どうしても恥ずかしさがあり躊躇してしまう男性も多いのでは?
ですが、ずっと包茎で悩んでいるより、包茎手術 東京で包茎手術をしてもらった方が、今後の自分の人生の充実感は全然違うものになるのでは?

包茎はほとんどの女性は好きではありません。
不潔のイメージがあるからです。女性は男性の指もよく見ています。
キレイで清潔さが好きなのは、自分が触れられた時の事を想像したり、無意識に意識してるからです。
指と同じで包茎も、清潔さが感じられないので、悩んだり女性と仲良くなりたい男性は治療を早めにしたほうがいいでしょう。

真性包茎の包茎手術は早めにした方が良い

包茎には仮性包茎と真性包茎の2種類があります。日本人男性の7割は仮性包茎だといわれており別に問題ではないので、治療する必要はありません。でもまわいの男性が包茎ではないと羨ましく思い包茎手術をする人って結構たくさんいるといわれています。こういう場合男性専門の美容外科クリニックで受けることになりますが、健康保険は適用されませんので手術費用は7〜9万円くらい必要になります。

 一方、真性包茎の場合、真性包茎 手術が必要です。真性包茎は勃起しても包皮がむけないので不潔で感染症の原因にもなりますし、何より満足にセックスができません。なので多くの場合中学生や高校生の時に手術を受けるようですが、中には大人になっても真性包茎のままという人も実は結構たくさんいるようです。

 最近は真性包茎を治療する塗り薬もありますので、早めに泌尿器科医に相談して治療していく必要があります。それでも治らないときは早めに手術をするのがオススメです。

包茎手術をして長年の悩みを解決

中学生のころから自分が包茎ではないか、ということについて悩んでいました。最初のうちは、どうも自分はネットなどで見る他人のペニス(の絵)とは違うようだが、いずれは皮がむけてくるだろうと思っていましたが、なかなかむけて来ません。無理にむこうとすると、皮が突っ張って、痛みが起こります。
それで、いろいろなサイトを見ていると、自分が「真性包茎」ではないか、という気がしてきました。仮性包茎なら勃起すれば皮がむけるので普通に結婚できてても、真性包茎だと、まともに結婚はできない、という話も読んだりすると本当に不安になり、18歳になってから飲食店のアルバイトをして、お金を貯め、思い切って真性包茎の包茎手術をしてもらうことにしました。

クリニックはインターネットで調べて、一番手術費用が明確に書いてある(「●万円〜」というように「〜」がついているのではなく、「●万円」と明確に書いてある)ところを選び、まずは無料カウンセリングを受けました。その結果やはり真性包茎で、その手術をすると費用は25万円、ということを聞き、それで長年の悩みが解決するのなら、と手術を受ける決意をしました。
そしてそれを受けた結果、今は皮の向けた、まともなペニスを得ることができています。すぐに結婚はしませんが、安心して女の子と付き合うことができそうです。包茎手術をして本当に良かったと思います。